シャドーマスク

用語の解説

シャドーマスクとは

(shadow mask)
シャドーマスクとは、CRTディスプレイにおいて、ブラウン管の奥から発射される電子ビームを蛍光体に当てる際に透過させる多数の細かい穴の開いた金属版のことである。
このような仕組みを利用したCRTディスプレイのことをシャドーマスク方式と呼ぶ。 一般に、市販のカラーCRTは、シャドーマスクとアパーチャグリルの二方式に大別される。 電子銃から発射された電子ビームは、金属板の微細な穴を通り抜け、画像表示に必要な色蛍光体部分に当たる構造となっている。 一般にシャドーマスク方式は、奥行きが短く、色ずれを起こしにくいという特徴を持っているが、シャドーマスクによってさえぎられる電子ビームの割合が大きいために暗い画面となったり、画面の周辺部になると画像がぼやけやすいなどといった難点も指摘されている。 なお、この点を改善したものはクロマクリアと呼ばれる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]