シンクライアント

用語の解説

シンクライアントとは

(thin client)
シンクライアントとは、ネットワークにおける端末のうち、クライアント自身がハードディスクを持たず、アプリケーションソフトもサーバー側で起動するため、最低限の入出力装置しか持っていないような端末のことである。
または、そのような端末とサーバーで構成されたネットワーク構成を指すこともある。 シンクライアントは企業などにおいて導入される。 データを各クライアントに分散させず、サーバーで一元管理するため、情報漏洩の阻止・抑止が図れるという利点がある。 また、データやアプリケーションを手元に持たないため、クライアントのメンテナンスコストの軽減を図れるというメリットもある。 シンクライアントの実現方法としては、画面転送方式と、ネットワークブート方式の2種類に大別することができる。 さらに、画面転送方式にはサーバーベース方式、ブレードPC方式、仮想PC方式などがある。 これらの方式は、アプリケーションの共有の仕方や、サーバーとクライアント間で転送される情報の内容などがそれぞれ違なる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]