シングルタスク

用語の解説

シングルタスクとは

(single task)
シングルタスクとは、オペレーティングシステム(OS)によるタスク管理の方式の一種で、一度に一つのタスクのみ実行することができる方式のことである。
現在の主要なOSでは、マルチタスクと呼ばれる方式が採用されており、ワープロソフトや計算ソフトのようなアプリケーションプログラムの実行単位を、平行して、あるいは擬似的に平行するように見せて行わせることができる。 シングルタスクでは、一つ一つのタスクにおいて終了と開始を逐次行うことで、タスクを管理している。 シングルタスクが採用されたシステムの例としては、Windowsの前身となったテキストベースのOSであるMS-DOSなどを挙げることができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]