シートフィードスキャナ

用語の解説

シートフィードスキャナとは

(sheet feed scanner)
シートフィードスキャナとは、原稿を機械で送ることによって、自動で印刷物を読み取るスキャナーのことである。
シートフィードスキャナでは、AFD(自動給紙装置)と呼ばれる機器を用いることで、原稿が一定の速度で回転するローラーによって自動的に送られてくる。 このため、通常のスキャナのように、利用者が何度もスキャナに原稿をセットする必要がない。 また、原稿が自動的に送り出されるため、ハンディスキャナよりも正確に原稿を読み込むことができる。 ただし、ローラーが自動で送る仕組みを用いているため、書籍や厚みのある原稿をセットすることはできない。 現在では、シートフィードスキャナは、名刺や印刷物などをファイルとして扱うためのスキャナとしてよく利用されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]