編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ジョブステップ

用語の解説

ジョブステップとは

(job step)
ジョブステップとは、ジョブを小さな単位の処理に分けた場合の、1つの処理のことである。
逆に表現すれば、複数のジョブステップが集合して1つのジョブを構成しているということになる。 ジョブは、ユーザーがコンピュータに与える大きなひとまとまりの作業で、ジョブステップは、そのジョブを終了するために必要な1つ1つの要素である。 例えば、「本部サーバーのデータ更新」というジョブは、ユーザーがコンピュータに与える作業だが、その中には各データベースへのデータ更新というジョブステップが含まれているということである。 ジョブステップの中には、更に複数のシステムへのコマンド文などが含まれており、1回のジョブステップの実行で、これらすべてのコマンドが終了する。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]