スクロール

用語の解説

スクロールとは

(scroll)
スクロールとは、画面で表示されている部分を上下方向(垂直スクロール)、あるいは左右方向(水平スクロール)に移動し、画面の外にあった部分を表示させることである。
このような表示方法は「スクロール表示」と呼ばれ、スクロール機能は、ワープロソフトやグラフィックソフトの標準機能となっている。 通常、画面に対して文書が下がるように移動し、文書の上の方を表示させることをスクロールダウン(ロールダウン)、逆に表示内容を上に、文書を持ち上げるように移動することをスクロールアップ(ロールアップ)と言う。 また、表示内容を右に移動させて、見えなかった左の部分を見えるようにすることを右スクロールと言い、その逆を左スクロールと言う。 なお、キーボードで操作する場合には、カーソルキーを押すか、上下方向ならば[PageUp]や[PageDown]キーを利用することによって行うことができる。 WindowsやMacintoshでは、ウィンドウの右端や下端にあるスクロールバーやスクロールボタンを使うことによって、ウィンドウで表示させる部分をスクロールさせることができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]