スケーラビリティ

用語の解説

スケーラビリティとは

(scalability)
スケーラビリティとは、システムの規模(スケール)の変化に柔軟に対応できる度合いのことである。
スケーラビリティは、一般的には、将来想定されるシステム規模の増大に対して対応可能であるように設計されたシステムを指して、「スケーラビリティが高い」などと表現する用い方をする。 大半の場合はシステムの大規模化が想定されているが、逆にシステムをより小規模・低スペックな構成に変更する場合にも、スケーラビリティの語が用いられる。 規模の増大に対応するスケーラビリティを考慮する際には、いわゆる「垂直」と「水平」の観点から捉えることができる。 サーバーにCPUを追加したり、ハードディスクを増設したりするなど、同一論理単位内でリソースを増強して対応可能なことを垂直スケーラビリティと言い、クラスタ化、分散システム化により論理単位を追加することを水平スケーラビリティと言うこともある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]