ステッピングモーター

用語の解説

ステッピングモーターとは

(stepping motor,stepper motor,)
ステッピングモーターとは、一定の間隔で瞬間的に電流量を変動せるパルス状の入力電流によって駆動するモーターのことである。
ステッピングモーターは、パルス電流が入力されるごとに、一定の角度ずつモーターが回転するよう制御されている。 この時の回転角はステップ角と呼ばれる。 ステップ角を小さくすることで、モーターの位置を決める精度を向上することができる。 ステッピングモーターの基本構造は、回転軸に取り付けられた磁石(ローター)と、その外側に固定された電磁石(ステーター)とで構成される。 ステーターに巻きつけられたコイルにパルス電流を流すと、磁力が発生し、ローターが引きつけられることで回転する。 ステッピングモーターは、他のモーターに比べて構造が簡単で長寿命である。 また、システムコストが安く、フィードバック制御が不要であり、デジタル制御回路に向いている。 一方で、高速回転が困難で、消費電力が比較的大きい。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]