ストアドプロシージャ

用語の解説

ストアドプロシージャとは

(stored procedure)
ストアドプロシージャとは、データベースシステムにおいて、一つ以上の手続きを定義したものである。
手続きはSQL文以外にもデータベースシステム独自の制御構文を記述することが可能で、これにより条件分岐、繰り返し処理などの複雑な処理を実行することが可能となっている。 ある処理を実行する場合、一つのSQL文では全てのことを処理できない場合が出てくる。 たとえば、会社の銀行口座から出金して、従業員の口座に給料を振り込むことを考えた場合、出金と入金の二つの処理が必要となる。 このような場合、ストアドプロシージャにより出金と入金の処理を定義すれば、2つの処理を一つのストアドプロシージャの実行で済ませることが出来る。 このように、ストアドプロシージャは定型処理を事前登録して処理の簡便化を図ることが出来る。 さらに、ストアドプロシージャ作成時にSQL構文が事前にチェックされているため、実行時の構文解析がスキップされ、処理効率アップにも効果的である。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]