スループット

用語の解説

スループットとは

(through put)
スループットとは、コンピュータシステムの性能を量的に図る指標の一つで、時間当たりの業務処理量を指す指標のことである。
スループットでは、単純にCPUの処理能力だけではなく、コンピュータに関連する部品やソフトなどを含めた上で、コンピュータ全体としての処理能力を指す。 また、コンピュータとコンピュータにおけるアプリケーションソフト同士の実際の通信速度の意味でスループットという言葉が用いられることもある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]