スワップイン

用語の解説

スワップインとは

(swap-in)
スワップインとは、スワップアウトによって一時的にハードディスクへ退避していたデータをメモリ上に戻すことである。
スワップインは、ハードディスクをメモリの一部として用い、実メモリ容量を超える領域を扱えるようにする仮想メモリ技術で用いられる。 仮想メモリ技術では実メモリの空き領域が不足した場合にしばらくアクセスされていないデータを一時的にハードディスクに退避させ、物理的に実メモリの空き領域を増やすことで実メモリを必要としている処理に空き領域を開放する(スワップアウト)。 その後、ハードディスク上に退避していたデータが処理に必要になった時点で実メモリに書き戻す。 この書き戻す処理をスワップインと呼ぶ。 なお、退避はページと呼ばれる分割された単位で行われる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]