スーパーユーザー

用語の解説

スーパーユーザーとは

(superuser)
スーパーユーザーとは、OSに対してすべての権限を持つユーザーアカウントもしくはアカウント保持者のことである。
UNIX系OSにおけるシステム管理者としてのユーザーアカウントであるrootを意味する。 スーパーユーザーは、プロセスやファイルに対してすべての権限を持つため、入力ミスや判断ミスなどでシステムに対して取り返しのつかないダメージを与える場合がある。 そのため、通常は権限の低い一般ユーザーで作業を行い、権限が必要な場合にのみsu(switch user、substitute user)コマンドを用いrootに切り替える方法をとる。 rootになれる一般ユーザーは限定し、rootを完全に開放する設定はするべきではない。 なお、システムに対してすべての権限があるということは、暗号化など対策を施していないファイルに関してどんな情報でも読みとることができてしまうことも意味する。 昨今の個人情報保護の高まりもあり、root権限を持つスーパーユーザー(アカウント保持者)はアカウントの取り扱いはもちろん、自身の倫理面での適切な行動も要求される。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]