編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ズームレンズ

用語の解説

ズームレンズとは

(zoom lens)
ズームレンズとは、カメラのレンズのうち、一定範囲内で焦点距離を自由に変えることができ、ピント位置が変化しない(変化が少ない)レンズのことである。
ズームレンズは、焦点距離が変化してもピントがずれないという特徴を持っているため、滑らかなズームイン・ズームアウトが可能である。 また、ズームレンズを利用して望遠で撮影すると、カメラを物理的に近づけた場合とは異なる撮影範囲を得ることができるため、被写体のフレーミングを工夫する手段として利用されている。 焦点距離を自由に変えられるレンズの中でも、焦点距離の変更に伴いピント位置が変化するものはバリフォーカルレンズと呼ばれる。 また、ズームレンズとは反対に焦点距離が固定されているレンズは、単焦点レンズと呼ばれる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]