編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

セカイカメラ

用語の解説

セカイカメラとは

(Sekai Camera)
セカイカメラとは、頓智ドットが開発した、iPhoneのカメラ機能を利用して現実世界にコンピュータによる付加情報を重ね合わせる体験ができるアプリケーションのことである。
セカイカメラでは、iPhoneのデジタルカメラで目の前を撮影し、それをディスプレイ上で表示させる際、コンピュータ上の(バーチャル世界の)情報を、エアタグと呼ばれる情報形式でオーバーレイ表示させることができる。 現実世界とバーチャル世界のデータの連携は、GPS(全地球測位システム)や加速度センサーによる位置情報などによって実現されている。 撮影した対象に関連した情報を参照したり、コメントを書き込んだりすることで、現実世界にバーチャル世界を重ね合わせる「拡張現実(AR)インターフェース」が実現されている。 セカイカメラは、2008年にサンフランシスコで開催されたイベント「Tech Crunch 50」においてプレゼンテーションを行い、話題を呼んだ。 2009年9月にはApp Store上で配信が開始され、一般的に入手可能となっている。 また、バージョン2.0の発表と共に「エアツイート」「エアプロフ」「セカイライフ」などの新機能も多数追加されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]