ソルバー

用語の解説

ソルバーとは

(solver)
ソルバーとは、Microsoft Excelをはじめとする表計算ソフトの機能の一種で、複数の変数を含む数式において、目標とする値を得るための、最適な変数の値を求めることができる機能のことである。
ソルバーでは、複数の変数の値を変化させながら変数の相互関係を判断し、最適な値を算出することができる。 ある変数に特定の制約条件をつけたり、あるいは特定の変数が最大値・最小値を得るために他の変数の値を変化させたりすることもできる。 ソルバーを用いれば、連立方程式の解や、複数の項目が連動する事業計画の試算といった複雑な演算ができる。 ちなみに変数が1つだけの場合は、一般的にゴールシークと呼ばれる機能が用いられる。 ソルバーはデフォルトではExcelに備わっておらず、アドインとして追加することで使用できるようになる。 Excelの「ツール」から「アドイン」を選択し、「ソルバー」を選択すれば、無償で簡単にソルバー機能を追加することができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]