編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ソースレベル互換

用語の解説

ソースレベル互換とは

(ソースレベルゴカン,ソース互換,source level compatibility,)
ソースレベル互換とは、ソースプログラムレベルで互換性があることである。
具体的には、2つの異なる環境で同じソースコードを用いることができることを意味する。 例えば、同じソースコードを、別々の環境でコンパイルすることで、それぞれのプラットフォーム上でプログラムを実行が可能な状態のことを指す。 これに対して、再コンパイルなどを行わなくてもそのままの状態でそれぞれの環境でプログラムを実行することができる状態はバイナリ互換と呼ばれる。 なお、バイナリ互換とソースレベル互換とでは、ソースレベル互換の方が実現が容易であるといわれている。 そのため、インターネット上などからソースコードを入手することができるLinux環境では、バイナリ互換よりもソースレベル互換が好まれる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]