タイムスタンピングサービス

用語の解説

タイムスタンピングサービスとは

(タイムスタンピングサービス)

 データがある時刻に存在していたことを証明するサービス。

データの作成者はタイムスタンピングサービスを提供している第三者機関に依頼し、データの内容と現在時刻から作られたハッシュ値を用いるなどして電子署名を発行してもらう。 データの受信者はその署名を確認することで、記された時刻にそのデータが存在していたことと、それ以後データが改竄されていないことを確認することができる。 また、電子署名は莫大な時間をかければ理論上偽造することが可能であるため、有効期限が定められている場合がある。 その場合にはタイムスタンピングと組み合わせることで、その署名が有効期限内に行われたものであることを証明することもできる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]