タッチパネル

用語の解説

タッチパネルとは

(タッチパネル)

 指や専用のペンで画面に触れることで、コンピュータの操作を行なう装置。

指が触れた位置を検知して画面上の位置を指定し、コンピュータに指示を与える。 タッチパネルをスクリーンの上に取り付けたものは特に「タッチスクリーン」と呼ばれる。 PDAや銀行のATM、駅の券売機などで利用されている。 CRTディスプレイの下に配置して圧力の変化を検出するタイプと、専用の透明なスクリーンで画面を覆うタイプがある。 画面への接触の感知には、感圧式と静電式の2通りがある。 前者は圧力の変化を感知し、後者は静電気による電気信号を感知する。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]