タッチホイール

用語の解説

タッチホイールとは

(touch wheel)
タッチホイールとは、入力装置の一種で、円形のタッチセンサーに触れたりなぞったりすることで各種操作を行う装置のことである。
タッチホイールを搭載した代表的なデバイスとして、Appleの携帯オーディオプレーヤー「iPod」を挙げることができる。 カーソル移動などの操作を、円に沿って指を滑らせることによって直感的かつ軽快に行うことができる。 iPodは、後の世代でタッチホイールの替わりに「クリックホイール」と呼ばれる入力装置を採用している。 ちなみにiPodの初代モデルでは「スクロールホイール」が採用されていた。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]