編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

ターンバイターン

用語の解説

ターンバイターンとは

(ターンバイターン方式,Turn-by-Turn,)
ターンバイターンとは、経路誘導(ナビゲーション)システムのユーザーインターフェースの一種で、交差点などでの進行方向を音声や矢印アイコンなどで表示する表示方式のことである。
ターンバイターンを採用したナビゲーションシステムは、地図などを詳細に書き出すことは得意でないが、経路をどのように辿っていけばよいかが明確であるという利点がある。 欧米などではカーナビゲーションシステムの案内方式などとして早期から普及している。 近年、AndroidケータイにおけるGoogle Mapsの利用などでモバイル端末を利用したナビゲーションシステムが実用化されはじめ、実用的なユーザーインターフェースの一つとして日本でも言及される例が増えている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]