編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ティーザー広告

用語の解説

ティーザー広告とは

(ティーザーコウコク,ティザー広告,ティーザー,ジラシ広告,覆面広告,teaser,)
ティーザー広告とは、広告手法の一種で、情報を断片的にしたり小出しにしたりすることで、消費者の興味や好奇心を喚起しようとする手法のことである。
広告は一般的に、商品の機能や性能、価格などのセールスポイントを打ち出すが、ティーザー広告では具体的な情報を敢えて伏せ、それによって消費者が能動的に注意を向けることを狙いとしている。 ティーザー広告の手法は発表前の商品の予告などで用いられる場合が多い。 特に大手ブランドによるティーザー広告は、それ自体が大きな話題となる場合も少なくない。 ティーザー広告はテレビや街頭広告、Webサイトなど、様々な広告媒体で行われている。 Web上でティーザー広告型のプロモーションを行っているWebサイトは、特にティーザーサイトなどと呼ばれる。 映画やゲームなどの予告編として作成されたティーザー広告型のプロモーション映像は、ティーザートレイラー(teaser trailer)と呼ばれている。 ティーザー広告の手法によってプロモーションが行われた例としては、任天堂「Wii」のテレビCMや、米Microsoft「Zune」のティーザーサイトなどを挙げることができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]