編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

テクニカルエンジニア(システム管理)試験

用語の解説

テクニカルエンジニア(システム管理)試験とは

(テクニカルエンジニア(システム管理)試験(SM),Systems Management Engineer Examination,)
テクニカルエンジニア(システム管理)試験とは、経済産業省が認定している国家試験のことである。
独立行政法人情報処理推進機構が、試験の運営を行っていた。 テクニカルエンジニア(システム管理)試験は、1995年に開始された「システム運用管理エンジニア試験」を起源とし、2001年に名称が変更された。 さらに2009年の新制度からは「ITサービスマネージャ試験」となっている。 テクニカルエンジニア(システム管理)試験では、システムエンジニアの中でも情報システムの基盤の構築や運営といった、総合的なシステム管理能力が求められた。 試験範囲に業務内容を踏まえた小論文の提出が含まれていたため、リスクやコスト管理といった経営知識も必要とされた。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]