編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

テクニカルエンジニア(データベース)試験

用語の解説

テクニカルエンジニア(データベース)試験とは

(テクニカルエンジニア(データベース)試験(DB),Database Systems Engineer Examination,)
テクニカルエンジニア(データベース)試験とは、経済産業省が認定している国家試験のことである。
独立行政法人情報処理推進機構が、試験の運営を行っていた。 テクニカルエンジニア(データベース)試験の変遷としては、1988年より実施されていた「オンライン情報技術試験」が1994年に「ネットワークスペシャリスト試験」と「データベーススペシャリスト試験」に分割され、後者が1995年に「テクニカルエンジニア(データベース)試験」となった。 2009年の新制度からは「データベーススペシャリスト試験」に名称が変更されている。 テクニカルエンジニア(データベース)試験では、データベースの設計や運営、構築や保守に関する幅広い知識や実践能力が求められた。 そのため、データベースに関する試験のなかでも国内最難関といわれていた。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]