編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

テストツール

用語の解説

テストツールとは

(テストツール)
業務アプリケーションを自動的に動作させ、アプリケーションのクライアント画面の機能をチェックしたり、サーバが満足のいく性能を出すかどうかを調べるツールを指す。
実際にユーザーの操作を記録したりスクリプトを記述してシナリオを作成し、仮想ユーザーとしてシナリオを自動実行させてテストする。 機能をチェックするソフトは、業務クライアントの画面の推移が正しいかどうかを調べるもので、GUIテスト・ツールと呼ばれる。 一方、性能を調べるソフトは負荷テスト・ルールと呼ばれ、サーバへの同時アクセス数を段階的に増やしていき、サーバ性能のボトルネックを発見する指針となるデータを取得する。 負荷テスト・ツールで得られたデータを元に、サイジングやチューニングを実施する。

  powered by. ZDNet Japan

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]