編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

テフ

用語の解説

テフとは

(テック,TeX,)
テフとは、活版印刷の技法をコンピューター上で実現するページレイアウトソフト(いわゆる「組版ソフト」)で、Donald E. Knuthスタンフォード大学教授(当時)によって開発されたソフトウェアのことである。
テフの最大の特徴は、商用印刷に用いても見劣りしない高度な組版をコンピュータ上で作成できることである。 他には、フリーソフトウェアとして無償で公開されていること、行き届いた標準化によりUNIXを始めWindowsやMacintoshなどの様々なプラットフォームでも全く同様の出力が得られること、あるいは、特に数式についての表現力に優れ、大学など学術機関での利用にも堪えることなどが挙げられる。 テフの「版組み」方式には、マークアップ言語と同様に、文書の中に埋め込まれた組版情報を処理過程において印刷の形式へと変換される方式が採用されている。 テフの機能強化版としてLaTeX(ラテックス)やAMS-TeXなどが登場しており、日本語版としてはアスキー社の開発した「pTex」(アスキー日本語TeX)などがある。 ちなみに、テフは「TeX」と表記される(テックスと発音される場合も多い)が、その正確な表記はすべて大文字の「TEX」で、字間を詰めて「E」をやや下げて表記される。 しかしそのような表記は通常、容易ではないので、「TeX」と小文字を併用して代替することが慣わしとなっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]