編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

テラヘルツ波

用語の解説

テラヘルツ波とは

(テラヘルツハ,terahertz radiation,terahertz waves,)
テラヘルツ波とは、周波数がおおよそ1THz(テラヘルツ)前後の電磁波のことである。
テラヘルツ波の周波数帯域は、日本の電波法などにおいて「電波である」と定義される上限の帯域である。 これより周波数が高くなると遠赤外線に分類される。 テラヘルツ波は、電波と光の中間的特性を持つ電磁波であるといえる。 テラヘルツ波を産業上活用するための研究は、これまではあまり進められてこなかった。 近年、フェムトレーザーをはじめとする先端技術を駆使した効率的な光源や検出技術の開発が進みつつあり、注目を集めている。 医療やバイオテクノロジー、非破壊検査など、各種分野でテラヘルツ波の応用が期待されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]