編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

テラ

用語の解説

テラとは

(tera)
テラとは、単位の接頭辞のうち、1兆(10の12乗)倍を表す接頭辞のことである。
国際単位系(SI)の接頭辞の一つとなっている。 テラは10進数では10の12乗を意味するが、コンピュータの分野でよく用いられる2進数においては、2の40乗として扱われる。 2の40乗は正確には1兆995億1162万7776となる。 この、2進数におけるテラは、特に区別するため「テビ」という接頭辞によって表記される場合もある。 記憶容量を表す「テラバイト」(TB)などの単位は、テビの意味において用いられている。 テラは1000ギガを表し、テラバイトは1024ギガバイト(GB)と同じ数量を意味する。 スーパーコンピュータの世界では、2000年頃から、処理性能を示す単位としてテラフロップス(TFLOPS)が使用される場合が多くなっている。 例えばIBMのBlueGeneなどがTFLOPS単位の処理性能を持っている。 また、HDDも2000年代中盤以降、テラバイト単位の記憶容量を持った製品が登場してきている。 SDメモリーカードの規格の一種であるSDXCは、最大2TBの記憶容量が実現可能とされる。 テラの上位のSI接頭辞はペタであり、千兆倍を表す。 スーパーコンピュータの世界では、2008年にIBMの「Roadrunner」が1ペタフロップス(PFLOPS)の処理性能に到達したことで話題となった。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]