編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

テレホタイム

用語の解説

テレホタイムとは

(テレホタイム)

 NTTの指定回線への定額料金メニュー「テレホーダイ」の対象時間である23時~翌8時のこと。

電話回線・ISDN回線がインターネットへの主な接続手段だった頃、アクセスが集中した時間帯である。

 インターネットへの接続需要の高まりを受け、加入者の選んだ2つまでの電話番号への通話料金が夜23時~翌8時に限りいくらかけても毎月一定額になる料金プラン「テレホーダイ」が提供されるようになった。

 ヘビーユーザはこれを利用して、テレホーダイの時間に合わせてインターネットに接続してWeb閲覧やメールのやり取りをするようになったため、この時間帯にアクセスが集中し、プロバイダによってはテレホーダイの時間が始まるとつながりにくくなるなどの障害が発生した。

 また、深夜にネットを利用するために寝不足になり、社会生活に支障をきたすなどの事例が増え、社会問題化した。

 現在では、ヘビーユーザはADSLやCATV、FTTHなどの常時接続を利用するようになったため、深夜にトラフィックが集中する傾向も緩和され、「テレホタイム」という言葉も過去のものになりつつある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]