編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

テンキー

用語の解説

テンキーとは

(10キー,a numeric key,)
テンキーとは、電卓やコンピュータなどにおける、数字や四則演算用の記号を入力するキーが配置されたキー群のことである。
テンキーは、コンピュータにおいて、もっぱらキーボード上にあるキー群のことを指すが、テンキーの機能を持つキーパッド(テンキーパッド)を含めることもある。 なお、テンキー(ten key)は和製英語である。 パソコンのキーボード上にあるテンキーは、数値入力またはカーソルキーとして用いられる。 一般的に、テンキー群の位置はキーボードの右側部分にある。 キーボード上にテンキーのキー群があるタイプをスタンダードキーボード、テンキーのキー群がないタイプをデータエントリキーボードやテンキーレスキーボードと呼ぶこともある。 一般的にノートパソコンでは、省スペースのためテンキーレスタイプが多い。 テンキーに配置されるキーの種類については、標準的なものでは、0から9までの10個の数字キー、四則演算を行うための記号キー、データを入力するための特殊キーなどで構成される。 数値入力を簡略化するために、0を並べた[00]や[000]などのキーが配置されているものもある。 また、キーの配列については、数字キーの数が横3列×縦4列で、0の位置が最下段にあるものが一般的である。 また、1から9までの数字の配列は、電話型と電卓型の2種類あり、電話型は左上から昇順に並び、電卓型は左下から昇順に並ぶ。 テンキーは、NumLockのオンとオフの状態によって役割が変わるものが多い。 NumLockの状態を切り替えるには、NumLockキーを打鍵する。 役割としては、NumLockがオンの状態では数値入力用のキーとして、また、NumLockがオフの状態ではカーソルキーとしての機能を持つ。 なお、省スペースキーボードでは、テンキーの部分がないものがあるが、NumLockをオンにすると文字キーの一部をテンキーとして用いることができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]