編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ディープWeb

用語の解説

ディープWebとは

(ディープウェブ,インビジブルウェブ,deep Web,invisible Web,)
ディープWebとは、Web上に存在していても、検索エンジンのクローラーがインデックス化することのできない領域にある文書やWebページなどのことである。
検索エンジンは定期的にWWWを巡回し、Webページを見つけては登録(インデックス化)し、検索対象として集めている。 巡回経路はほとんどの場合、HTMLのハイパーリンクをたどって行っている。 ただし、情報が置かれているディレクトリの階層が深かったり、クローラーが探しにくいようなところにリンクが張られていたりして、クローラーが到達できなかった場合には、深部に存在する(あるいは「見えない」)領域として、Web検索の対象外であり続ける。 GoogleやYahoo!、msnなどの主要な検索エンジンは、任意のWebページをサイト登録できるようになっている。 サイト登録を行うとクローラーは直接にWebページを訪問するようになる。 自分の運営しているWebページがディープWebだった場合にはサイト登録を行えばディープさを解消することができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]