編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

デジイチ

用語の解説

デジイチとは

(デジタル一眼レフカメラ,デジタル一眼レフ,デジ一,)
デジイチとは、デジタルカメラのうち、銀塩カメラ(フィルムカメラ)における一眼レフカメラの特徴を備えたタイプのカメラのことである。
特にコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)との対比において「デジイチ」と呼ばれる場合が多い。 デジイチの特徴としては、用途や特性などに応じてレンズを付け替えることが可能である点、ファインダーから実際に撮影される像を確認することができる点などを挙げることができる。 また、シャッタースピードや絞りの設定を自由に行えたりと、より本格的なカメラ撮影を志向している。 デジイチでは、従来の一眼レフカメラの設計を使用した場合に、レンズと本体との相性によっては光線が充分に撮像素子に届かず、画質が低下して撮影される可能性があった。 そのような事態を解消し、デジイチ向けに最適なカメラの設計として、フォーサーズシステムと呼ばれる共通規格が策定されている。 さらに、フォーサーズシステムを薄型・小型化する規格としてマイクロフォーサーズシステムも発表されている。 デジイチに対して、コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)は、よりコンパクトで、より簡易に写真撮影が可能であるように設計されたタイプのデジタルカメラを指す。 多くの場合、オートフォーカス機能や手ぶれ補正機能などを備え、気軽に写真を撮りたい際のわずらわしさを取り除くことが志向されている。 代表的なデジイチの製品シリーズとしては、キヤノンのEOS、ニコンのD、ソニーのα(アルファ)などがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]