編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

デジタルフォトフレーム

用語の解説

デジタルフォトフレームとは

(デジタル写真立テ,Digital Photo Frame,)
デジタルフォトフレームとは、デジタルイメージを表示させて写真立てのように飾るという用途に特化した表示装置(ディスプレイ)のことである。
デジタルフォトフレームの主要な機能は、記憶装置に保存された画像データを表示させるというシンプルなものである。 観賞用のディスプレイとして、適度な大きさやインテリア性が志向されており、玄関やリビングなどの場所に飾って楽しめる。 デジタルフォトフレームの多くは、メモリーカードをはじめとする複数の記憶媒体をサポートしている。 デジタルカメラなどで撮影したデータを、PCに取り込まなくてもすぐに表示させることができるという利点がある。 また、スライドショー形式による複数の画像の表示や時計やカレンダーと組み合わせての表示、BGMを再生しながらの表示、アラーム機能、自動電源オフなどの機能を搭載している機種も多い。 デジタルフォトフレームの代表的な製品としては、ソニーが販売している「S-Frame」シリーズなどを挙げることができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]