編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

デュアルコア

用語の解説

デュアルコアとは

(デュアルコアプロセッサ,dual-core,)
デュアルコアとは、1つのCPUパッケージに2個のCPUコアを搭載したCPUのことである。
デュアルコアでは、複数のアプリケーションを並行して動作させる場合に力を発揮すると言われている。 従来、サーバーのような高い性能が要求されるコンピュータでは、CPUを複数個搭載することで性能の向上を図っている。 一方、エンドユーザーが使うクライアントのパソコンでは、クロック周波数の高いCPUを搭載することで、性能の向上を図っている。 しかし、CPUから発生する熱や消費電力の増大などで、その手法は困難になってきている。 このような問題を解決する手段の一つとして、2個の演算回路を搭載して、1個のCPUでありながらも疑似的に2個のCPUを搭載しているような動作を実現するデュアルコアが利用されている。 デュアルコアは、複数のCPUコアを搭載するマルチコア技術の一つである。 なお、演算回路を4個搭載することでさらに高い機能を実現するCPUはクアッドコアと呼ばれている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]