編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

デリンジャー現象

用語の解説

デリンジャー現象とは

(デリンジャーゲンショウ,Dellinger phenomena,)
デリンジャー現象とは、太陽から放出される紫外線が突発的に増大して、電離層のD層、E層の電子密度が極端に高まり、地表の短波の伝搬が途絶えてしまう現象のことである。
1935年にアメリカのデリンジャーによって発表された。 デリンジャー現象は、太陽面の爆発(フレア)によってX線紫外線が急増する現象が原因となっている。 短波通信は電離層D層の上方に位置しているF層で発生する電波の反射を利用しているため、デリンジャー現象によってD層の密度が増すと、F層にいたる前で電波が吸収され、伝搬できなくなってしまう。 そのため放送そのものが途絶えることになる。 デリンジャー現象は昼間の数分から数10分間に発生する。 周波数の高い電波を使用することによって、デリンジャー現象の影響を抑えることが可能である。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]