編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

データウェアハウス

用語の解説

データウェアハウスとは

(データ倉庫,Data WareHouse,DWH,)
データウェアハウスとは、企業内のさまざまなデータを一か所に集めたものである。
データを集めて管理するシステムや、集めたデータをもとにした意思決定支援システムを指すこともある。 一般のデータベースが、販売管理や財務管理などある目的に沿って入力、集計されたデータであるのに対し、データウェアハウスは単なる生データをかき集めたものという点で異なる。 そのためデータウェアハウスで管理するデータだけでは、その規則性を見つけることは難しい。 しかし、集めたデータを時系列で整理し、OLAPやデータマイニングといったツールで分析することで、1つ1つのデータでは見えない相関性が浮き彫りになり、企業の意思決定のための材料にすることができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]