編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

トップレベルドメイン

用語の解説

トップレベルドメインとは

(TLD,top level domain,)
トップレベルドメインとは、インターネット上で使用されるドメイン名において、末尾部に配置される「com」や「jp」、「org」などといった文字列のことである。
ドメイン名の記述法では各レベルごとに「.」(ピリオド)で区切られ、欧米での住所の書き方と同じく、区切りが右側へ移るに従って対象となる範囲が拡大してゆく。 このとき右端に位置する、最も広範囲となる指定対象がトップレベルドメインとなる。 その左にはセカンドレベルドメイン(SLD)が位置し、必要があればさらに左にサードレベルドメインと、順次範囲が狭まってゆく。 トップレベルドメインの種類としては、あらゆる人々にサブドメイン名を取得する権利があるgTLD(generic Top Level Domain)があり、これは商用であることを表す「com」などが当てはまる。 同じく国家別に分類されるccTLD(country code Top Level Domain)には、日本を表す「jp」などが当てはまる。 ちなみにccTLDは、ISO 3166として規格化された2文字のコード体系に基づいて割り当てが決まっている。 なお、トップレベルドメインには、インターネットの歴史的推移の名残として、北米の4年制大学を表す「edu」、米国の政府機関を表す 「gov」や米軍を表す「mil」、国際機関を表す「int」、あるいはNATO(北大西洋条約機構)関係機関を表す「nato」などのように、きわめて特殊なものも存在する。 また、こうしたトップレベルドメインを管理している団体は、.comの場合はVeriSign GRS、.govの場合は米国政府という具合に、トップレベルドメインの種類ごとにばらつきがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]