トラックアットワンス

用語の解説

トラックアットワンスとは

(TAO,Track At Once,)
トラックアットワンスとは、CD-RやCD-RWなどへデータを書き込む方式のひとつで、ディスクの周単位であるトラックを1単位としてデータを書き込む方式のことである。
複数のトラックがまとまって構成されるデータ本体の前後には、記録開始を示すリードインと、同じく記録終了を示すリードアウトと呼ばれるデータ領域が設けられる。 リードインからリードアウトまでを含めたデータのまとまりはセッションと呼ばれる。 TAOに対して、ディスク単位でデータをまとめて書き込む方式はDAO(Disc At Once)と呼ばれる。 DAOでは構造上データの追記ができない。 他には、データをセッション単位で扱い書き込みを行なうSAO(Session At Once)と呼ばれる方式などがある。 各トラックの間には、リンクブロックと呼ばれる継ぎ目が生じ、音楽データなどを再生する際にはリンクブロックによってノイズが発生する可能性がある。 そのため、市販の音楽CDなどはリンクブロックの生じないDAOで作成されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]