編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

トリプルプレイ

用語の解説

トリプルプレイとは

(Triple Play)
トリプルプレイとは、IP(Internet Protocol)の技術を通じて提供される、データ通信(Web)、音声通話(VoIP)、テレビ放送(IPTV)の3種のサービスを1本の回線で提供することである。
従来は、それぞれのサービスはそれぞれ異なるインフラを用いて提供されていた。 データ通信ではISDNやADSL、音声通信では電話回線、テレビ放送では電波やケーブルテレビ(CATV)が主なインフラとして用いられてきた。 近年になって、ブロードバンドインフラの整備も整い、IPを用いて通話や映像配信を行う技術も進展してきたことにより、それぞれのサービスをインターネットを通じて一手に提供することが可能になった。 トリプルプレイをひとつの事業者が単独で提供できれば、その事業者は通信業界で優位に立つことができると目されている。 そのため、トリプルプレイの提供は盛んに注目を集めている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]