編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

ドキュメント

用語の解説

ドキュメントとは

(文書,文書ファイル,document,)
ドキュメントとは、IT用語としては、コンピュータで作成・記録された文書ファイル一般のことである。
あるいは、特にシステム開発において設計や仕様を説明するために作成された文書を指すこともある。 ドキュメントと呼ばれることが多いファイルの種類としては、ワープロソフトをはじめとするOfficeアプリケーションで作成されたファイルや、PDF形式で保存されたファイルなどがある。 ドキュメントの内容は文字情報の他に、画像や図表などを含むことも多い。 ちなみに「Microsoft Word」で作成したファイルには拡張子に「.doc」が付く。 また、システムやソフトウェアの設計、仕様などを示すために作成された技術資料を指してドキュメントと呼ぶことも多い。 特に「技術ドキュメント」と呼ばれるともある。 なお、英語で「document」と言えば文書全般のことを幅広く意味する。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]