編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ニフティクラウド

用語の解説

ニフティクラウドとは

(NIFTY cloud)
ニフティクラウドとは、ニフティ株式会社が2010年1月に発表したクラウドサービスの名称である。
ニフティクラウドは、Amazon EC2やWindows Azureと同様のパブリッククラウドである。 1時間単位で利用できる従量制の料金体系、利用状況に応じてすばやくスペック変更が可能なオンデマンド性、「@nifty」の運用にも利用している大規模システム向け仮想化技術の提供などを特徴としている。 サーバーは約5分で起動でき、利用したいタイミングですぐ利用できる点なども利点となっている。 OSにはCentOSが利用可能であり、2010年4月以降にはRed Hat LinuxやWindows Serverにも対応する予定である。 ニフティクラウドは、当初はIaaS(Infrastructure as a Service)環境を提供するクラウドサービスを展開、その後PaaS(Platform as a Service)、SaaS(Software as a Service)の分野へも展開していく予定であると発表している。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]