編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ニフティサーブ

用語の解説

ニフティサーブとは

(NIFTY Serve)
ニフティサーブとは、1986年に富士通と日商岩井によって設立されたパソコン通信サービスの名称である。
ニフティサーブは米国のコンピュータネットワーク「CompuServe」をモデルとした会員制の通信サービスであった。 会員同士でやり取りできる電子メールや、掲示板、または「フォーラム」と呼ばれるコミュニティなどを提供し、人気を博した。 1995年時点で会員数が100万人を達成、最盛期には300万人近い会員数を有する、日本最大のコンピュータネットワークであった。 その後、インターネットの爆発的な普及に伴い、ニフティサーブはコンピュータネットワークとしての役割をインターネットに譲る形で使命を終えた。 1999年に、日商岩井が事業から撤退し、富士通系インターネットサービスプロバイダ(ISP)「InfoWeb」に統合されて「@nifty」と改称した。 @niftyはISPからポータルサイト、フリーメールといった幅広いサービスを提供する総合ネットサービスとして、現在も展開している。 なお@niftyはニフティ株式会社によって運営されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]