編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ニューロポインター

用語の解説

ニューロポインターとは

(ニューロポインター)
ニューロポインターとは、携帯電話端末に備わるポインティングデバイスの一種で、傾けることでポインター(カーソル)を360度自由に移動させることができる装置のことである。
主にNECが開発を進めているもので、NTTドコモの携帯電話サービス向けに開発された端末「FOMAN901iS」などに搭載されている。 FOMAN901iSは、パソコン用ブラウザと同様にHTMLを解釈することのできるフルブラウザが搭載されている。 携帯電話向けに用意されるアプリケーションも、パソコン向けの仕様に似たユーザーインターフェースを持つものが登場し始めている。 そのため、従来の(キーで入力する)タイプと異なってマウスのような操作感を持つニューロポインターが、新しい方式にマッチするデバイスとして注目を集めている。 ニューロポインターは、これまで活躍の場はほとんどなかった。 しかしNECが以前よりこだわりをもって開発に取り組んできた。 現在は、ニューロポインターの感知バランスが良くなり、本体機能とニューロポインターの親和性も向上している。 N901iSでは、画面上の時計アイコンをクリックすればスケジューラーが起動するといった、GUIの操作も実現されている。 2007年4月には、携帯電話に対して位置情報を通知する機能を搭載することが義務化される。 それに伴って、地図やナビゲーションサービスが急成長すると予想される。 その際に、自由自在に地図を扱うことのできるポインティングデバイスとして、ニューロポインターは重要な機能となると目されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]