編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ニンテンドーDS Lite

用語の解説

ニンテンドーDS Liteとは

(ニンテンドーディーエス ライト,NintendoDS Lite,)
ニンテンドーDS Liteとは、任天堂株式会社が販売している携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」の上位機種となるゲーム機の名称である。
2006年3月に発売された。 先行機種となったニンテンドーDSは2004年12月に発売された。 画面を2つ搭載し(ダブルスクリーン)、タッチパネルによる入力が可能であるなど、他には見られないユニークな機能が話題となり人気を呼んだ。 ニンテンドーDS Liteは、従来のニンテンドーDSが備えたディスプレイやマイク入力、ワイヤレス通信といった独特の機能を維持したまま、本体を全面的に薄型化・軽量化することに成功している。 従来のニンテンドーDSの本体サイズは84.7×148.7×28.9mm(重さ275g)であったが、ニンテンドーDS Liteは73.9×133.0×21.5mm(重量218g)と、縦横それぞれ10mmあまりの小型化が実現されている。 加えてニンテンドーDS Liteでは、画面の明るさを強化し、4段階の輝度調整機能を追加した。 軽量化による高い携帯性と、画面の明るさ・見やすさの意味を込めて、「Lite」の名がついたとされる。 ニンテンドーDSと同じく、ニンテンドーDS Liteも、ゲームボーイアドバンス用のソフトウェアが遊べるようになっている。 2006年3月の発売開始時では、本体色は3色(クリスタルホワイト、アイスブルー、エナメルネイビー)が用意され、ACアダプタや専用ストラップが付属する。 メーカー希望小売価格は16,800円となっている。 2011年現在、ニンテンドーDS Liteの上位機種として、「ニンテンドーDSi」ならびに「ニンテンドーDSi LL」が発売されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]