ネットワークセキュリティ

用語の解説

ネットワークセキュリティとは

(network security)
ネットワークセキュリティとは、コンピュータネットワーク上でのデータやプログラムの保護、またはプライバシー保護に関す施策のことである。
主なネットワークセキュリティの施策は、攻撃者を阻止し、情報漏洩を阻止し、システムの安定性保持を行なうことを目的とする。 具体的には、(1)ステガノグラフィー(steganography):通信が行われていること自体を隠す、(2)トラフィックセキュリティ(traffic security):通信自体を隠す必要はないが、発信地と着信地の通信量を隠す、(3)暗号化(encryption)通信自体と、発信地や着信地を隠す必要はないが、メッセージの内容は隠す、(4)認証(authentication):メッセージの内容を見ることはできるが、変更はできない状態で本人かどうかを確認する、という四つの段階に大別される。 最近では、外部ネットワークと内部ネットワークとの境界にファイヤーウォールを設置し、異様なアクセスの行き来をあらかじめ防止する措置がとられるようになってきている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]