ネットワークプロトコル

用語の解説

ネットワークプロトコルとは

(プロトコル,通信プロトコル,通信規約,通信手順,protocol,)
ネットワークプロトコルとは、ネットワーク上でデータを通信するための手順や規約の集合のことである。
「protocol」には「規約」「議定書」といった意味がある。 ネットワークプロトコルはしばしば言語にたとえられる。 例えば、英語しか話せない人に日本語でお願い事をしても、日本語がわからないという理由で、願いは聞き入れられることがない。 これと同様に、二つのコンピュータが通信を行う場合にも、互いが意思疎通できるような仕組みを持っている必要がある。 ネットワークプロトコルは、端末が通信する場合に際して、最初に情報を発する端末の選定、送信するデータの形式、パケットの構成、あるいは通信エラーが起こった場合の対処法などを細かく取り決めている。 これによっていかなる場合にもスムーズな連携を行うことが可能となっている。 インターネットでWebページを見る場合、WebブラウザやWebサーバーは「HTTP」(Hyper Text Transfer Protocol)というネットワークプロトコルを利用して通信を行っている。 HTTPは、TCPと、その下で具体的な通信を行うIPという2種類のネットワークプロトコルを使用している。 ちなみにHTTPはRFC 2616として規格化されている。 また、ユーザーがプロバイダと電話回線によって接続される際には、ユーザーのコンピュータとプロバイダのコンピュータはPPPというネットワークプロトコルを用いて通信を行っている。 他方モデムは、エラー訂正やデータ圧縮に、MNPなどのネットワークプロトコルを使用している。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]