編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ノイズ

用語の解説

ノイズとは

(noise)
ノイズとは、「雑音」を意味する英語で、不要な音や情報一般のことである。
特に電気通信の分野において扱われることが多い。 通信に関するノイズは、多くの場合、機器から漏れた電磁波を他の機器が拾うことによって発生する。 例えば、高い周波数を使用している電子レンジのような機器によって、信号が妨害され、正常なデータが受信できなくなることがある。 航空機などでは、操縦用の電子機器の誤動作を起こさないように、乗客に対してパソコンや携帯電話の使用を制限している。 ノイズは、他の機器からだけでなく、機器自体の内部回路の発熱によっても発生する。 このようなノイズは熱雑音とも呼ばれる。 電気通信の分野において、本来伝送したい情報(信号)とそれに混入するノイズ(雑音)の比率がSN比と呼ばれている。 デジタル信号の伝送の場合はCN比と呼ぶことも多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]