ノングレア

用語の解説

ノングレアとは

(ノングレア処理,アンチグレア,アンチグレア処理,non-glare,anti-glare,)
ノングレアとは、CRTディスプレイや液晶ディスプレイの表面に外光が反射して画面が見にくくなることを防止する処理のことである。
ノングレアの主な手法としては、ディスプレイの表面にシリカの微粉末などを吹き付けて微細な凹凸を付け、光を散乱させるシリカコーティングや、表面に透明な薄膜を設けて光の干渉を発生させる(外光を打ち消す)ARコーティングなどがある。 ディスプレイをノングレアにすると、屋内照明がディスプレイ表面に反射する状態(映りこみ)を低減させるため、画面表示が見やすくなる利点がある。 他方で、画面に表示される色の深さや鮮やかさが多少薄れるという側面もある。 このため、あえてディスプレイをノングレアにしないことで鮮やかな発色を得ようとする「光沢液晶」を採用する製品も増えている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]