編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ノンプリエンプティブマルチタスク

用語の解説

ノンプリエンプティブマルチタスクとは

(協調的マルチタスク,擬似マルチタスク,nonpreemptive multitasking,cooperative multitasking,pseudo multitasking,)
ノンプリエンプティブマルチタスクとは、OSのマルチタスク機能の実現方法の1つである。
ノンプリエンプティブマルチタスクでは、CPU解放はそのプログラムに依存する。 従って、1つのプログラムがCPU使用中は、他のプログラムのCPU割り当ては制限される。 ノンプリエンプティブマルチタスクは「協調型マルチタスク」とも呼ばれ、動作するプログラムが他のプログラムと相互動作可能に設計されている必要がある。 ノンプリエンプティブマルチタスクのOSとしては、Windows 3.1が該当する。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]