ノンプリエンプティブマルチタスク

用語の解説

ノンプリエンプティブマルチタスクとは

(協調的マルチタスク,擬似マルチタスク,nonpreemptive multitasking,cooperative multitasking,pseudo multitasking,)
ノンプリエンプティブマルチタスクとは、OSのマルチタスク機能の実現方法の1つである。
ノンプリエンプティブマルチタスクでは、CPU解放はそのプログラムに依存する。 従って、1つのプログラムがCPU使用中は、他のプログラムのCPU割り当ては制限される。 ノンプリエンプティブマルチタスクは「協調型マルチタスク」とも呼ばれ、動作するプログラムが他のプログラムと相互動作可能に設計されている必要がある。 ノンプリエンプティブマルチタスクのOSとしては、Windows 3.1が該当する。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]