ノーウェイト

用語の解説

ノーウェイトとは

(ノーウェイト)

 コンピュータ内部でのデータ転送時に、CPU(中央処理装置)がメモリの処理完了を待つ必要がないこと。

 本来、CPUとメモリは処理速度に大きな差がある。 そのため、両者間でデータの転送を行なう時には、速い方(CPU)が遅い方(メモリ)に合わせるために、処理を停止して相手の動作を待つ必要があった。

 この待ち時間を「メモリウェイト」というが、最近ではメモリの動作速度の向上などにより、こうした待ち時間が必要ないことがある。 このような場合を「ノーウェイト」と呼ぶ。 ノーウェイトのメモリは動作が速く、コンピュータ全体の処理速度の向上に寄与するが、その分価格が高くなる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]