ノーオペレーション命令

用語の解説

ノーオペレーション命令とは

(ノーオペレーションメイレイ,No OPeration instruction,NOP,)
ノーオペレーション命令とは、何もせずに次の命令に実行を移す命令のことである。
ノーオペレーション命令はプロセッサの命令語であるが、命令の実行ポインタを変更する以外には何の機能も持たない命令語である。 このような命令は、パイプライン処理の並行処理による誤動作回避のためのタイミング調整、不具合対策用エリアの事前確保、命令語長が違う場合の命令書き換えのパディング、キャッシュ・ライン境界上の命令の位置合せなど、種々の用途に利用される。 また、機能を無効にする目的で利用されることもある。 なお、NOP専用の命令がなく、ほぼ同等の効果をもたらす同一レジスタ間の移動を行う命令語で代用するプロセッサもある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]